ヒルドイドの副作用

ヒルドイド,副作用

 

多くの皮膚科、小児科などでも処方されています、ヒルドイドは一般的に安全性が高く、効果的な保湿剤だと言われて、長きに渡り愛用され続けていますが、その副作用などで、中にはヒルドイドの使用が向いてない人もいるようです。

 

薬を使用する事で、発疹、痒みのアレルギーが出てしまう人や、出血性血液疾患などで少しの出血をしてしまっても危険なトラブルとなりますので、使用する際は医師などに相談するのがよいでしょう。

 

副作用の詳細

ヒルドイドクリームを使用した人の0.93%の人が副作用の症状が出たとの調べがあります。

 

主な副作用は皮膚炎、そう痒、発疹、発赤、潮紅、紫斑です。

 

総投与症例

■2471件中→23件(0.93%)に副作用の報告
◆皮膚炎→9件(0.36%)
◆そう痒→8件(0.32%)
◆発赤→5件(0.20%)
◆発疹→4件(0.16%)
◆潮紅→3件(0.12%)
以上が主な報告数です。

 

薬にとって副作用が1%の方に起こっているというのは多くはない、少ない方だと判断できるようです。

 

他の保湿剤だと尿素がありますが、こちらは副作用が5%だと言います。

 

ヒルドイドの五倍なので、圧倒的にヒルドイドが安全だと言えますね。

 

ヒルドイドを塗る際、炎症している肌、荒れている肌に使ってしまうと、血行が良くなってしまい、痒みが増してしまうという副作用もありますので注意が必要です。

 

血管の拡張されている状態で、さらに血行を促進させてしまうと悪化してしまうリスクがあります。

 

アトピー性皮膚炎の人に関しては、乾燥していてもアトピー悪化の炎症がある場合は使用には気を付けた方がよいです。

 

アトピー肌で粉をふいている事があります、そんな時はヒルドイドは向いていません。

 

炎症している場合はステロイドで治します。

 

アトピーに効く薬ではありますが、その用法を正しく使ってください。

 

医師の相談を受けるのが一番よいでしょう。

 

妊娠中や授乳中の女性も医師と相談するのがよいです。

 

ヒルドイドに関しては、クリームのみが副作用の報告があり、ローションとソフト軟膏には副作用が出てないと集計されています。

 

またケガで出血している箇所に使用するのはさけてください。

 

傷口がまだ癒えてない部分も同じく使用はさけてください。

 

傷口が治った状態の箇所に塗るのが良いとされています。

 

ヒルドイドは傷口ではなく、傷跡を薄くしてくれるという作用になりますので、傷が治れば問題なく使用できます。

 

それでも何か違和感を感じるようでしたら、医師に相談してみてください。

 

ヒルロイドTOPへ