ヒルドイドのジェネリックとの違い

ヒルドイド,ジェネリック

 

人気のヒルドイドですから、同じ成分のジェネリック医薬品が多数存在します。

 

その一番有名なのが【ビーソフテン】という薬です。

 

このビーソフテンは油性クリーム(軟膏)とローションがあります。

 

ビーソフテン以外には【アメル】というヘパリン類似物質油性クリームの0.3%のもの。

 

【ラクール】【YD】というヘパリン類似物質ローションが存在します。

 

同じ有効成分がヘパリン類似物質0.3%含有されています。

 

ヒルドイド,ジェネリック

 

それではヒルドイドとジェネリックの違いとは何でしょうか。

 

それは添加物が違うのですが、最も違う部分はその値段になります。

 

ヒルドイドは最初の新薬、先発医薬品です、ジェネリックはその後に同じ成分で作られた後発医薬品になります。

 

新薬に比べて開発費などがかかってない分、その値段は比べてかなり安くなっているのが特徴になります。

 

ビーソフテンの違い

ヒルドイド,ジェネリック

 

ヒルドイドのジェネリックとして一番有名なビーソフテンローションのご紹介です。

 

有効成分は同じものになっていますが、その違いは添加物のスクワラン、ラノリンが抜かれている事です。

 

アレルギーを起こす可能性のある、このスクワラン、ラノリンが抜かれる事によって、安全性が増したものになりました。

 

そしてビーソフテンローションの使った感じですが、ヒルドイドローションと比較して、さっぱりした感じになります。

 

ヒルドイド,ジェネリック

 

ヒルドイドは乳液に近い使用感に対し、ビーソフテンは化粧水と似てる感覚になります。よって夏などに使い心地がよいようです。

 

そういう点から、女性ユーザーが化粧水として使用する傾向にあるようです。

 

このさっぱりした感覚は夏のエアコンによる乾燥予防に使いやすいと口コミがあります。

 

しかし、このさっぱり感はしっかり保湿してる感覚を求めている方には少し物足りないようです。

 

そういう点ではヒルドイドの方が適していると言えるでしょう。

 

ビーソフテン油性クリームとの違い

ビーソフテン油性クリームはどうでしょうか。

 

これはヒルドイドで言う、ソフト軟膏のジェネリックに該当します。

 

その違いはサラシミツロウという成分がヒルドイドには入っているのですが、ビーソフテンには含まれていません。

 

ヒルドイド,ジェネリック

 

ビーソフテン油性クリームの方が伸びが良い為、女性のユーザーさんが化粧下地に使用する傾向にあるようです。

 

同じくヒルドイドに比べるとこちらも少しさっぱりしているので、冬場などしっとり乾燥対策をしたい人はヒルドイドを選ぶ傾向にあるようです。

 

といっても、同じ有効成分で、その保湿力はヒルドイドもビーソフテンも間違いないものになっていますので、その時その時で使い分けるのもよいかもしれません。

 

顔だけでなく、体の様々な箇所の乾燥に効果的なヒルドイドなので、綺麗な肌を目指している老若男女のみなさんは一度お試しいただければと思います。

 

ヒルドイドは病院に行かずとも個人輸入代行サイトで手軽に購入できます。

 

ヒルロイドTOPへ